エコスポット事業

Ecospo(エコスポ)とは

スーパー様の駐車場一角に建設するSMポイント還元型無人古紙回収所

ロゴマーク
エコスポ

古紙回収活動(エコスポ)については、大和リース様のホームページでも掲載されております。

施設の概要

古紙を処分してポイントをゲット!

古紙を処分してポイントをゲット

ポイント還元型無人古紙回収所です。
お客様自身でシステムを操作し、古紙を処分してポイントをゲットします。

Ecospo(エコスポ)の目的

循環型社会形成への貢献

環境保全を推進し、限りある資源を有効利用します。

地域住民の資源リサイクル意識の向上

利便性の高いリサイクル施設(エコスポ)を設置し、地域住民の方に利用していただくことで、家庭に溜まった古紙は「ゴミ」にするのではなく、「再生」することができます。

Ecospo(エコスポ)の目的

Ecospo(エコスポ)の操作手順

端末機はセルフサービス式でタッチパネルであるため、お年寄りからお子様までどなたでも簡単に操作できるシステムとなっております。
寄付専用ボタンが内蔵されているため、地域貢献をご希望されるお客様にも対応が可能です。

Ecospo(エコスポ)の簡単な流れ
  1. お客様が古紙を持参します。(エコスポ前まで車で乗り付けします。)
  2. 端末機の指示に従い操作。
  3. 持込んだ古紙を計量器(ボックス)に投入します。
  4. 端末機にあります「ポイントゲット」ボタンを押します。
端末機

端末機

計量器(ボックス)

計量器(ボックス)

ポイントを貯める場合

SMポイント取得

SMポイント取得

Ecospo(エコスポ)内に設置してある端末機のタッチパネルで、「ポイント取得」を選択します。
※ 運用施設によって、異なる場合がございます。

端末機にカードを挿入

端末機にカードを挿入

タッチパネルの指示に従い、端末機にカードを挿入します。
※ 運用施設によって、異なる場合がございます。

新聞、雑誌を投入

新聞、雑誌を投入

指定の計量器(ボックス)内に、新聞、雑誌を投入します。

ポイントゲット

ポイントゲット

Ecospo(エコスポ)内に設置してある端末機のタッチパネルで、「ポイントゲット」を選択します。

ポイントを寄附する場合

教育員委員会等へ寄附

教育員委員会等へ寄附

Ecospo(エコスポ)内に設置してある端末機のタッチパネルで、「○○○○へ寄附」を選択します。
※ 運用施設によって、異なる場合がございます。

新聞、雑誌を投入

新聞、雑誌を投入

指定の計量器(ボックス)内に、新聞、雑誌を投入します。

ポイント寄附

ポイント寄附

Ecospo(エコスポ)内に設置してある端末機のタッチパネルで、「ポイント寄附」を選択します。

Ecospo(エコスポ)の設置一覧

Ecospo(エコスポ)の設置一覧

Ecospo(エコスポ)導入をお考えの業者様へ

ビジョン
  • 「Ecospo(エコスポ)」を通じて地域住民の資源リサイクル意識の向上を図り、環境保全を推進し循環型社会を形成します。
  • 「Ecospo(エコスポ)」は地域住民のルーティンワークとなり、人々の日常生活において欠かすことのできない拠点となります。
概要
  • 持ち込まれた古紙の重量に応じて「SMポイントカード」に 1kg=1ポイント付与します。
    ※ 運用施設によって異なる場合がございます。
  • ポイント蓄積スピードは格段に上がり、販促効果として大いに期待できます。
  • 地域に密着したリサイクル貢献活動の取組みであるため、企業のイメージアップ効果になります。
  • 同業他社との差別化になり、新規顧客の獲得にも繋がります。
  • 集められた古紙は地元古紙回収業者に回収して頂きます。

特色

通常(ポイント無し又はオリジナルカードタイプ)

通常(ポイント無し又はオリジナルカードタイプ)

  • 雨ざらし
  • 見映えが悪い
  • 不正行為や盗難リスクが高い

Ecospo(SMポイントカード連動型タイプ)

Ecospo(SMポイントカード連動型タイプ)

  • 完全屋内型
  • 見映えも良く景観を損なわない
  • 防犯カメラ設置
  • 夜は施錠

メリット

スーパー様

  • 新規カード会員の増加
  • CSRの取組み
  • 企業のイメージアップ
  • 同業他社との差別化
  • SMポイントカードのさらなる汎用性

消費者

  • 古紙持込みによるポイント付与
  • 買い物ついでに古紙の処分ができる利便性
  • 資源リサイクル意識の向上
  • カード保有数のスリム化
スーパー様、消費者、Ecospo

Ecospo運用に関するお問い合わせはこちら

COPYRIGHT ©株式会社高橋商店 All rights reserved.

ページの先頭へ戻る